投資物件専門 不動産カンパニー!
住宅ローンがあるのですが大丈夫でしょうか?
残債の金額にもよります。もちろん借金ですのであるよりもないほうがいいです。
だからと言ってあきらめる必要はありません。所有資産(貯金等)属性(勤め先・勤続年数・年収等)様々な観点から融資をするかどうかを金融機関は決定いたします。現に住宅ローンがありながら不動産投資をしている方をたくさんいます。
また、金融機関ごとに住宅ローンに対しての考え方がことなりますので一概に「住宅ローンがあるから不動産投資は無理・・・」とは言えないでしょう。

自己資金はいくらくらい必要なのでしょうか?

これは非常に難しい質問です。銀行によっては物件価格の1割〜2割必要というところもあります。またフルローン(全額融資)だとしても購入時には一般的に諸経費(登記費用・仲介手数料・火災保険など)が物件価格の7%〜10%くらいかかります。

ですが私は3棟の購入に対してすべて諸経費込みのオーバーローンで融資を受けています。

このようなことから「自己資金はいくら必要か?」という質問への明確な答えがないことがわかります。 



融資を受ける為に必要な勤続年数は?

一般的には最低でも3年以上といわれています。
しかし3年といってもただ単に3年間どこでもいいので働けばいいというわけではありません。
会社の規模、業種、職種などによって金融機関の見方は変わってきます。状況によっては転職したほうがいい場合もあります。 3年間、どこで・どのように働くかが大事です。

年収はいくらくらい必要なのでしょうか?

もちろん多ければ多いに越したことはありません。しかし書店で不動産投資のハウツー本を探すと「年収300万円でもできた!」など、色々な方がいらっしゃいます。上記質問の答え同様、会社の規模、業種、職種、また保証人の有無などによっても変わってきます。

年収が少ないからという理由であきらめるのではなく、「どうやったらできるのか?」を一緒に考えていきましょう。



融資について、よくある質問
住宅ローンがあるのですが大丈夫でしょうか?
残債の金額にもよります。もちろん借金ですのであるよりもないほうがいいです。
だからと言ってあきらめる必要はありません。所有資産(貯金等)属性(勤め先・勤続年数・年収等)様々な観点から融資をするかどうかを金融機関は決定いたします。現に住宅ローンがありながら不動産投資をしている方をたくさんいます。
また、金融機関ごとに住宅ローンに対しての考え方がことなりますので一概に「住宅ローンがあるから不動産投資は無理・・・」とは言えないでしょう。

融資を受ける為に必要な勤続年数は?

一般的には最低でも3年以上といわれています。
しかし3年といってもただ単に3年間どこでもいいので働けばいいというわけではありません。
会社の規模、業種、職種などによって金融機関の見方は変わってきます。状況によっては転職したほうがいい場合もあります。 3年間、どこで・どのように働くかが大事です。

物件管理について、よくある質問
その他の質問、よくある質問
自己資金はいくらくらい必要なのでしょうか?

これは非常に難しい質問です。銀行によっては物件価格の1割〜2割必要というところもあります。またフルローン(全額融資)だとしても購入時には一般的に諸経費(登記費用・仲介手数料・火災保険など)が物件価格の7%〜10%くらいかかります。

ですが私は3棟の購入に対してすべて諸経費込みのオーバーローンで融資を受けています。

このようなことから「自己資金はいくら必要か?」という質問への明確な答えがないことがわかります。 



年収はいくらくらい必要なのでしょうか?

もちろん多ければ多いに越したことはありません。しかし書店で不動産投資のハウツー本を探すと「年収300万円でもできた!」など、色々な方がいらっしゃいます。上記質問の答え同様、会社の規模、業種、職種、また保証人の有無などによっても変わってきます。

年収が少ないからという理由であきらめるのではなく、「どうやったらできるのか?」を一緒に考えていきましょう。